エルメスの経営が一族経営であることの意味は

エルメスの一族経営とエルメスであることの意識の継承

日本人は、あまりいい印象を持ちませんが、経営ということを考えた場合、一族に後を託す一族経営という方法があります。
エルメスも同族経営であり、長年エルメス一族によって経営されてきました。
創業者は、ティエリー・エルメスであり、5代目にあたるジャン=ルイ・デュマまで続いたのです。
2006年から一時期パトリック・トーマスに変わりますが、ジャン・ルイ・デュマの甥のアクセル・デュマがCEOになります。
ファッション業界ということを考えると、非常に難しいといわれる一族経営ですが、エルメスは150年以上の長きにわたり、この経営方針を崩していません。
そこには、エルメスがエルメスであるための意識を継承するということが見え隠れするのです。

2代目で訪れた自動車文化

馬具工房から始まったエルメスは、1837年にスタートします。
自動車や鉄道が登場する前の時代で、まだ馬車が移動の中心でした。
馬車にとっては馬具が必需品で、エルメスは馬具工房として経営していたのです。
ティエリー・エルメスは、馬の鞍とハーネスを作る職人でした。
パリのランパール通りに工房をかまえ、創業していくことになるのです。

機能性が高くオシャレだったこともあり、人気を博します。
ナポレオン3世の時代、皇帝御用達の馬具職人となり馬具の最高峰とまで成長するのです。

2代目のシャルル・エミール・エルメスの時代には、すでに不動のものでした。
ヨーロッパ中にその名声が響き渡り、エルメスの顧客リストに名を連ねること自体が、上流階級にとって欠かすことができなくなっていたのです。
現在のエルメス本店であるフォーブル・サントレノ24番地に移転するのもこの時代でした。

しかし、時代の流れと科学の発達により自動車の登場します。
移動手段として優れた自動車は、馬具工房そのものを危機に陥れるのです。

大きく花開くエミールの時代

3代目エミール・モーリス・エルメスになり、馬具製造で培った技術を使い、ファション分野へとかじをきります。
馬具の需要に対して輸出を中心に提供する一方、フランス国内でファッション分野へ進出するのです。
この時代にエルメスの革製品が生まれますが、それがサック・オータクロアであり、市場に大きなインパクトを与えることになります。
馬具特有の技術を使い、丁寧な仕事をする姿勢は、エルメスのスタイルを作り上げていくことになるのです。
バッグや財布、ベルトなどを生み出し、女性のファッション文化を変える立場にまでなっていきます。

スカーフと香水も、エミールの時代に生まれました。
エルメスの顔とも言えるオレンジの包装紙もこの時代に作用されたもので、現在まで継承されています。
こうした技術や発想、文化という面を色濃く受け継ぐということを考えると、エルメスの精神を受け継いでいくのは、一族であるということも納得がいくことでしょう。

エルメスの通販・買取りのセレブブランド

http://www.celeb-brand.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>