日本とエルメスの不思議なつながり

皇族とのつながりがあったエルメス

日本のエルメスというと、明治時代に皇族が利用していたことが知られています。
フランス国内で自動車産業が発達し、エルメスも積極的に海外進出を狙っていた時期です。
日本とフランスというのは、江戸時代末期からつながりがあったため、こうしたつながりに発展していくことになります。
ですが、当然のこと、日本での知名度は上がるはずもなく、知られていくのは1970年代を待たなければいけません。

日本に浸透したきっかけ

日本で初めての代理店が1964年にできます。
西武百貨店に入る形でスタートするのですが、全く売れません。
その後、銀座のサンモトヤマで販売するようになり、やっと浸透して行くことになるのです。
ルイ・ヴィトンはどんどんと浸透して行った時期ではありますが、エルメスはそこまでは伸びません。
ブランドに詳しい人だけは知っているといったレベルだったのです。

エルメスの人気が変わってくるのは、1979年までかかります。
丸の内に直営店をオープンさせたところが転機になっていくのです。
ウィンドウ・ディスプレイという考え方がほとんどなかった時代、エルメスのウィンドウは芸術性に富んだ美しさを誇りました。
これが丸の内で働くOLの憧れの的となり、どんどんと浸透して行くことになるのです。

日本人が描くエルメスの漫画

エルメスには、日本から影響を受けたデザインもいろいろとあります。
ルイ・ヴィトンが多くの影響を受けたことは知られていますが、エルメスも日本市場からいろいろな商品が生まれてきているのです。

大相撲がパリで公演をしたことがありました。
1986年のことでしたが、その先駆けとなるスマックが発売されています。
他にも日本の旧1万円札という、大きな紙幣が入るようにできていた財布のオーサカもありました。

エルメスが掲げる年間テーマの中には、遠い国のエルメスということで1991年に日本が取り上げられたことがあるのです。
京都の職人ということとリンクした試みが行われました。
日本の文化というと、ニンジャやサムライといった間違った印象が持たれることもあるのですが、だんだんと茶道具などに焦点があてられるようになり、変化して行くのです。

日本とエルメスのつながりということでは、社史ともいえるエルメスの道という漫画があります。
1997年に作られたものですが、日本人の竹下惠子が描いたりしているのです。

エルメスは、あまり日本とつながりがなさそうに見えたりしますが、本当にいろいろな点でつながっていたりするのですから、不思議なものといえるでしょう。

エルメスの通販・買取りのセレブブランド

http://www.celeb-brand.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>