エルメスの中でも財布の代名詞といえるベアン

エルメスの財布といえば

エルメスといえば、ケリーとバーキンを上げる人がほとんどでしょう。
それぐらい代名詞として浸透してきていることは間違いありません。
そんなエルメスの財布といえば、どんな商品よりもベアンになってくるのです。

さりげない留め具がエルメスのあかし

財布として代名詞に挙げられるベアンの特徴は、なんといっても留め具にあるでしょう。
ほんの小さなHの金具ですが、これがエルメスを表しています。

エルメスのアイテムのほとんどが、ブランドを前面に押し出しません。
他のブランドでは、かなり前面に押し出されることもありますが、エルメスはこうした手法を好まないのです。
本当にひっそりと職人や工房のサインが入っていたりするだけだったりすることもあります。
それがエルメスの良さでもあるのです。

その中で、ベアンにはHの金具がひっそりと使われています。
はっきりと認識できる人は、エルメスをよく知っている人でしょう。
それ以外の人が見ても、このHは金具としか認識しないほどのものなのです。
このHの金具があることで、エルメスを持っているのだという欲求を満たす部分もあることは確かでしょう。
ひっそりとした部分ではありますが、これが重要な意味を持っているといえるのです。

使っている素材を見ても、ベアンは別格です。
雄の子牛の最高級の素材であるヴォーエプソンを使っています。
非常に高価な素材であり、財布にはちょうどいい硬めの感じがぴったりとはまるのです。
そこに控えめのロゴが光ってくれるところが、上品な姿を作りだしてくれています。
こうした品質の高い革は、本当に長く使えば、味になって答えてくれるのです。
手入れ次第で、かなり長く使うことができますので、丁寧に管理しながら大切にして行きたい財布になっています。

実用性を引き上げたベアンスフレ

ベアンにはスフレという名前のアイテムがあります。
お菓子の名前ですが、フランス語で吹くという意味がある言葉です。
つまり、膨らませているという意味になるわけですが、ベアンスフレにはマチをつけて容量を膨らませています。
ベアンという財布自体はスタイリッシュにできてはいますが、マチがないことで紙幣やカードなどはほとんど入りません
実用という面では、最小限にとどめることが求められるのです。
そこで、デザインは変更せずに、膨らませたのがベアンスフレといっていいでしょう。
見た目はほぼ一緒ですので、現金を持って歩く人は、ベアンスフレのほうが向いているのです。

エルメスの通販・買取りのセレブブランド

http://www.celeb-brand.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>