フールビがあれば散らかりやすい小物も整理整頓

バッグinバッグとして最適

エルメスというメーカーを見てみると、どのバッグも大容量であることがわかります。
有名なバーキンをはじめとして、リンディ、ヴィクトリア、ドゥブルサンス、ツールボックスなど、どれも大容量の設計になっているのです。
エルメスが、もともと馬具製造メーカーであったことも大きな影響を与えているでしょう。
大きなもので、コンパクトにできないようなものでも、そのまま入れることができれば便利だからです。

その一方で、たくさんの荷物を入れることができるということは、それだけ整理するのも大変だということです。
そんな悩みも解決させようと作られたのが、このフールビになります。
エルメスのバッグは、あまり余計な間仕切りがありません。
そこで、ちょうど収まるサイズに作り上げることで、バッグの中の整理整頓をさせてしまおうと考えたのです。
ひとつ持っていれば、いろいろと対応させることができる、とっても優れたものになるといえるでしょう。

フールビの利便性は

フールビを見てみると、両サイドにポケットがついていることがわかるでしょう。
さらに、内面にもファスナー付きポケットがあります。
これだけでも、十分バッグの整理ができるように作られているのです。
もちろん、フールビがあるだけで、鍵やペンといった小物もすぐ取り出すことができるように整理することができ、何処かへいってしまいがちな小物をごそごそと探す必要もなくなります。
とても綺麗に収納できるのですから、バッグinバッグとして十分に機能するのです。

サイドに紐がついていることも重要で、巾着のように締めることにより、フールビを閉められます。
これでも零れ落ちたりすることもなくなるのです。
サイド部分のレザーがいい感じのアクセントになっていますので、一見すれば軽いキャンバス地に見られがちのバッグがほどよい高級感を出しています。
こうしたつくりは、さすがエルメスだといえる部分です。

カラフルなタイプも出ていますので、単にバッグの中に入れるという目的だけではなく、バッグから取り出した時にも、とてもオシャレにうつるのです。
この辺りの華麗さは、他のメーカーでは真似できない部分でしょう。

サイズ選びはしっかりと

サイズ的を見てみても、フールビ20なら、バーキン30などにはピッタリです。
フールビ25だと幅25cmですので、バーキン35やケリー35、リンディ34などにいいでしょう。
使いたいバッグのサイズから-5cmくらいにしておくと、フールビがちょうどいい感じに収まります。
バッグのフォルムによって、中の大きさが違いますので、ボリードのようなフォルムの場合は、少し大きめを選ぶ必要もありますので注意しましょう。

エルメスの通販・買取りのセレブブランド

http://www.celeb-brand.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>