カジュアルなだけじゃない使いやすさも抜群のフールトゥ

カジュアルなラインとして生まれたフールトゥ

エルメスというと、あまりカジュアルなものはないイメージがあります。
しかし、1998年に発表されたフールトゥは、かなりカジュアルバッグとして生まれました。
手頃な価格帯で設定され、使いやすいようにシンプルなデザインになっており、高い人気を得ることができたのです。

2000年に発表されたエールラインともよく似ており、デザインを比較されたりすることもあります。
それだけ、カジュアルバッグとして人気があるバッグだということがわかるでしょう。

高い品質と高機能を兼ね備えたシンプルなデザイン

エルメスの製品といえば、主流は革製品です。
馬具製造を発祥とするメーカーでしたので、基本は革を使うものが多いといえるでしょう。
そんなエルメスの伝統に対して、ある意味で反するかのようなコットン素材のバッグがフルートゥなのです。

デザインは非常にシンプルです。
もともと、あまりこねくり回したようなデザインの少ないエルメスですが、その中でも一見すれば普通のトートバッグにしか見えません。
ところが、使ってみればわかるエルメスの良さです。
最高レベルの職人の技によって、驚くほど高い品質と低価格という両面を実現させることができたバッグになっています。

発表当時はコットンキャンバスでしたが、現在ではトワルアッシュに変更されるようになりました。
同じ布素材ではありますが、強度、耐久性ともに必要以上の性能を手に入れたといえるでしょう。

フールトゥとエールラインの見分け方

一時期は、本当に多くのフールトゥやエールラインを街で見かけました。
かなり多くの数が出回っていたことは間違いありませんが、最近ではかなり減ってきています。
こういったことからも、これから先、かなり希少価値が高まってくる可能性もあるのです。

そうなると、重要なポイントになってくるのが、フールトゥとエールライの違いでしょう。

エールラインとの違いは素材にあります。
フールトゥの初期のコットンキャンバスかトワルアッシュで作られているのに対し、エールラインがナイロンキャンバスです。
耐久性という意味で、ナイロンキャンバスのエールラインの方が上ではありますが、カラーやデザインのバリエーションを見ると少ないのがわかるでしょう。
フールトゥには革もありますし、カラーバリエーションも豊富です。

バッグの口の部分を見ると、フールトゥにはファスナーがありません。
ボタン留めですので、ものが出しやすい反面、セキュリティという面では不安が残るところもあります。
この辺りを目安にすると、簡単に見分けができるでしょう。

エルメスの通販・買取りのセレブブランド

http://www.celeb-brand.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>