エルメスの最高の素材を使い最高の技術で作られるバーキン

最高の素材と最高の技術

エルメスといえば、やはりバッグでしょう。
その中でも、最高峰といわれるのは、バーキンであることは間違いありません。
最高級素材を使い、他では考えることができない高い技術をふんだんに投入し作られているからこそ、高級バッグとして知られているのです。
値段も素晴らしいものがありますが、当然それだけの品質や品位も兼ね備えているといえるでしょう。

バーキンが誕生したのは、5代目の社長であるジャン=ルイ・デュマ=エルメスでした。
イギリスの女性歌手ジェーン・バーキンのために作ったため、その名をとってバーキンと名付けられたのです。
ベースとなったのは、すでに販売されていたオータクロアでしたが、今では完全の独立したバッグとなりました。
エルメスには、こうした人の名前を採用したバッグがいろいろありますが、どれも最初の所有者の名前が付けられています。

高い技術で作られているからこそ真似もしにくい

バーキンは、ジェーン・バーキンが収納に手間取っている姿を見て作られたことから、とても高い収納力を持っています。
いろいろなものを詰め込めるところは、意外なことに他にはあまりなかったのです。
何でも詰め込んでいくためには、中の間仕切りはどうしても邪魔になりますので、非常に広々とした作りになっています。
その分、どんなものを入れても耐えられる耐久性がなければならないため、皮も強度に優れたものを選びました。
底の部分も強く作られ、型崩れしないようにしているのです。

こうした加工も、エルメスの皮革加工技術だからできました。
だからこそ、どの皮を使ったバーキンも、10年などは余裕で過ごせるだけの耐久性を持っているのです。
あまりに高い技術を持って作られるため、他の職人のあこがれともなるのですから、そのレベルは次元が違うといえるでしょう。
偽物を作るとしても、あまりの完成度になってしまうこと、それだけの品質の革を用意することを考えると、やはり相当な金額になってしまうのです。
それぐらいのことが起こる製品だといえるでしょう。

日本人には30cmがちょうどいい理由

バーキンと一口に言っても、実はサイズがいろいろとあります。
サイズ展開としては、25cmから5cm刻み広げられており、40cmまでありますが、日本では30cmが中心となっているのです。

30cmは、普段から使うことを考えると適度な大きさになっています。
使いやすさということもありますが、かなり重いバッグであることを忘れてはいけません。
そのため、日常から使うことを考えると、30cmぐらいに抑えておかなければ、あまりに重くて使いにくくなってしまうのです。

エルメスの通販・買取りのセレブブランド

http://www.celeb-brand.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>